<Magic Cube>

「Magic Cube」 を購入しましたのでレビューします。
Covia社ORVIBOシリーズのスマートリモコンです。

部屋の中って、みなさん結構リモコンが散乱していませんか?
自分だけかな?

今や、ほとんどの家電がリモコンで操作する傾向にある訳ですが、いろいろありますよね?

テレビに始まり、扇風機やビデオレコーダ、照明機器等、数え始めたらきりがないです。

 windlov の部屋も当然リモコンがその辺にゴロゴロした状態。
そんな状態から少しでもリモコンを減らすべく、以前からいわゆる「学習リモコン」というモノを使い続けていました。
 この「学習リモコン」当初は便利に使えていたのですが、リモコンの登録や設定が面倒でいつの間にか部屋の片隅に・・。という始末。

これが、旧型の「学習リモコン」。大分年季がはいってますな。これでも、確か6,000円ほどしたはず。


 さてそのリモコンの分野においても、当然ながらIT技術は進んでいたという訳でありますな。
で、最近のトレンドと言いましょうか、流行のアイテムは?というとチョベリグーな(いきなりスタパ斎藤風?に)スマホ対応、出先からも家電コントロール可能なアイテムがこれ!


ORVIBO スマート家電リモコン 統合スマートホームアプリ「HomeMate」で家電をコントロール【AmazonAlexa/Google Home対応】




Magic Cubeです。

Cubeの名のとおり立方体で一辺約5cmという小ささ。


旧学習リモコンと比較してもこの大きさです。旧型も大きさは、手のひらサイズですよ。


電源はこのようにMini USBケーブルで繋ぎます。


気になる価格ですが、Amazonで約5千円ほどでした。現在、もっと安いかもしれません・・。その後気になったので、調べたら、最安で3,0000円以下でもありました・・・。→ Geek Buying ですが・・。

 リモコンの登録数はほぼ気にしなくてOK。今、10個程のリモコンをスマホ一つに登録して便利に使っています。

赤外線方式のリモコンのみの対応ですが、この本体の四方から電波が出るらしく、余程物の陰でなければほぼ動作しています。

アプリの操作はこんな感じです。このiphoneで出先からでも家の家電を遠隔操作出来ると言う訳です。
Home mate というアプリを使います。設定はアプリの指示どおり進めて行けば特に問題ないでしょう。Magic Cube のユーザには当然無料。タッチの反応はまあ普通ですね。


 リモコンの登録時に便利なのがメジャーなメーカーのテレビやエアコン、ビデオ等があらかじめアプリ側にプリセットされています。
 従来の学習リモコンのようにいち いちリモコン一つ一つを登録する必要がないということがあります。これ結構便利ですよ。我が家で言うと当HPでも紹介した「リビングエアコン故障」の日立 エアコンにも対応してました。また、このアプリ、デザインセンスが良いのです。スマホのアプリって中々センスの良いものが少ないと思っていましたが、この「Home Mate」に関してはデザインセンスが優れているなと感心しました。



 さて、声で操作してみました。例えばエアコンなどでも、Amazon echo とリンクさせることで「アレクサエアコン付けて」の声に反応して、エアコンがオンになります。
 テレビも同様。
 あと、便利な使い方として自宅に帰る30分ほど前に、出先からエアコンをオンにすることも可能です。
 夏場などでは帰宅時、ムッとした部屋にいささか辟易してましたが、これを導入後は快適そのもの。

 今のところ、声で操作出来るのはエアコンとテレビのオン・オフ位なのですが、今後バージョンアップで更なる機能追加も可能なようです。

 このようにちょっとした、近未来感を満喫出来ると言う訳ですな。とても便利!
特にAmazonアレクサユーザさんにはおすすめですね。

HOME