BELL  HAMMER H1

 効果は期待以上でした(個人的見解)



 番組そのものをテレビをあまり見ないので知らなかったのですが、「がっちりマンデー」という日曜日の朝のテレビで紹介されたらしい。
「ベルハンマー」という、「奇跡の潤滑剤」と呼ばれて話題に。たまたまいつもの Amazon.co.jp(アマゾン) をのぞいていて見つけました。一時 期番組の反響のため品不足に なった上、価格も上昇していたらしいのですが、それも収まって現在は普通に購入できます。とはいえこれ潤滑剤としてはとても高価です。3,500円程しま す。CRC556あたりなら1缶500円もしないでしょうが、こちらは3,500円ですよ。3,500円!最初ちょっと引きましたが、どんな物なのか興味 も有り買ってみました。
2018年12月現在3,000円程のようです。




 windlovが購入したのはスプレータイプの「H1」という型番。安全をとって一応食品関連の場所にも使えるというタイプです。

 何がすごいのか?その潤滑能力が並ではないらしい? らしい?というのも買っておいて変な話ですが、
まずは試しにガタついている我が家の雨戸に使ってみたところ驚きました。
 今まで、ガタついた時CRC556で誤摩化していたのですが、その効果は持続しませんでしたが、「BELL HAMMER」を使ったところ、嫌な音は無 くなりとてもスムーズにさらに軽く動くようになりました。その効果は1ヶ月以上経った今も変わりなしです。





その効果を他のdiy 工具や回転部等に試したくなります。
また追ってアップしたいと思います。

さっそく、今ちょっと気になっている物に使ってみました。

気になっている物とは、アクアリウム関連ですが、普段私は水槽の水換えを水槽用ポンプを利用して風呂場から延々と水道ホースを延ばして行っています。

 この水槽用ポンプですが、例によってヤフオクの中古です。もうこればっかりですね。水量が100リットル程度ならバスポンプでも充分事足りるのですが、 90cm水槽2本とベアタンクが約100リットル合わせると400リットル程あるのでバスポンプでは荷が重いのです、そこで使い始めたのが水槽用では定評 のあるレイシー製の陸上ポンプです。これは毎分約60リットルから70リットルの吸い上げ能力があります。ちなみにレイシー製のポンプは水族館でも使用さ れているらしいです。もちろん規模も全然違いますが、それだけ信頼性が高いということです。しかし我が家のはどうも最近調子が悪くて始動にいつも苦労して いて中々手間ばかりが掛かりストレスでした。

 そこでこの 「BELL HAMMER」をベアリングや軸部分にスプレーしてみました。

まずは早速、工房でポンプの分解から始めます。


多くのポンプがそうなのですが、当然扱うのは水ですので、モーター部と水が流れる部分は隔絶されていてマグネットを利用し撹拌する構造になっています。写 真の白い部品が水が通る部分になります。これはセラミック製でしょうかね?

まずはこのセラミックの軸部分にスプレーします。この部分は水が直接接触しますが、『H1』は食品用機器にも使えるということなので安心です。


この中心部がそうです。



さらにこんな感じでモーター部までバラす。


この部分がモーター部のベアリング部です。
モーターコイルを挟み2箇所のベアリングにスプレーしました。


さてその効果のほどは?

抜群ですね。今までより音が静かにになりポンプからの吸い上げが格段にスムーズになりました。
その後、いろんな場所で使用してますが、本当に期待以上の効果があることを実感してます。
例えば、雨戸の開閉でいつもギシギシ音に悩まされてましたが、これ一発で解決。また、アルミサッシなどにも使いましたし、自転車のギア部など、上げだした らキリがない程。


<液体タイプのベルハンマー>
「H1」も使いやすく優れた潤滑性能を誇っていますが、私がその後、購入したのが下の写真の液体タイプ(LSベルハンマー)です。こちらも価格はほぼ同じ 程度です。ただし、前述のとおり液体状のため用途が限られてくるかと思います。



スズキ機工 超極圧潤滑剤 LSベルハンマー 原液 300ml缶 LSBH02


H1のようなスプレータイプも良いのですが、液体状の、このLSを自動車のオイルと同時に添加すればエンジンにも良いのではないかと考えました。事実、 「スズキ機工」さんのHPでもおすすめの使い方として評価されております。

私が普段使っている車はHONDAインサイトです。エンジン排気量は1300ccで、同じハイブリットとは言え、プリウスとは考え方がちょっと異なっ ています。インサイトはエンジンが主でバッテリーが補助なのです。従ってエンジン性能が比較的重要な要素になっている訳です。
今回、このLSベルハンマーを試しに100cc程入れてみました。

その結果明らかな燃費の向上を確認できました。
およそですが、従来の燃費が約22km/リットル位だったのが25km/リットルに近い数値になったのです。
もちろん様々な走行条件にもよりますので一概には言えませんが、同一条件であれば効果があったことは事実です。

エンジンの静粛性については元々静かなエンジンなのでその効果は判然としませんでしたが、気持ち滑らかになったような印象があります。

いずれにしてもこの「LSベルハンマー」もおすすめですね。下手なオイル交換をするくらいなら、これを添加するだけでも効果的かと思います。もちろんオイ ル交換後に添加する方が確実に好結果を生むはずです。

以上もっと身近で効果的なものがあるかもしれませんし、今後もっと長期的な観察が必要でしょう。
ただ、確実に言えるのはとても優れた潤滑剤だということですね。

2019年2月17日

前回、「LSベルハンマー」を自動車のエンジンの潤滑剤として入れてから2年程経過したでしょうか?
愛車のHONDAインサイトのオイル交換をしばらくサボっていまして、最近若干燃費が落ちて来たかなと感じていました。そこでオイル交換と同時に、まだ 余っていた「LSベルハンマー」を前回同様100ccほど足してみました。

やはりオイル交換と同時に添加することはとても効果的だということを今回も実感できました。愛車のHONDAインサイトはすでに12万キロ以上走行してい ますが、今回の添加でもエンジンのスムースさと同時に明らかな燃費向上がみられました。丁度、オイル交換時にガソリンも満タンにした状態です。

この冬の時期は通年では、燃費が悪化する季節です。今回1年振りのオイル交換でしたので思いだしたように「ベルハンマー」を添加したと言う訳ですが、前回 同様エンジン音も静かになりましたし、アクセルのレスポンスも良く若干パワーが増加した印象です。

2019年2月23日

ガソリン満タン状態でオイル交換と同時に「ベルハンマー」を添加して一週間が経過しました。一週間の走行距離は約220km程でしょうか?
現在、車に表示されている平均燃費は約24km/Lです。明らかに燃費の向上が見られます。

           2月27日
その後の燃費はエコ表示で24km/L位でしょうか。冬場にしては良好な数値でしょう。ガソリンを満タンに入れてから約350kmほど走行しました。燃料 計は残り約6割と言う感じでしょうか。大体いつも500kn走行で燃料計の読みは50%程度ですので・・。

また後日、随時燃費の報告をします。





HOME