オールドレンズ ペンタッ クス M42やKマウント

スポンサードリンク



 安物レンズばかりですが、ここらでちょっと整理を兼ねてPENTAX製レンズを紹介します。
安物と言っては失礼かも・・販売当時はたぶんウン万円だったものもあると思います。

ここで紹介しきれない、急に欲しくなって買ってしまった
広角レンズ はこれから増えるかも?です・・。

ほとんどはMF時代の古いレンズばかり。AFは2つのみです。

まずは、ヤフオクで最初に購入したものから。

月間1500万人利用!フリマ、オークション、ショッピングサイトの横断検索

Asahi PENTAX 時代のたぶん1970年前後のものと思われます。マウント方式はM42タイプのMF。
Asahi Super-Multi-Coated TAKUMAR 1:1.8/55mm と比較的明るめのレンズ。
この時代のレンズは鏡胴が金属製です。
手に持った感じは、重量感とともにひんやりとした感触があってオールドレンズファンとしては何者にも代え難いですね。


スポンサードリンク



カメラのキタムラ ネットショップ  

同じくAsahi PENTAXのM42マウント。
Asahi Super-Multi-Coated Takumar 1:3.5/135mm  中望遠タイプ。


もう一つM42が・・。
これもやはりオクで入手したTakumar。
1:3.5/28m ですね。








早速撮った玄関の観葉植物。




さて次はKマウント。
ちょっと新しくなって・・。
SMC PENTAX DA 1:3.5-5.6 18-55mm AL2です。
中々映りが良いんですよ。しかも初AFで快適。もちろん中古。6千円程でしたが・・。新品では2万円以上していたはず。


次もKマウントですが、これいくらだったかな?。多分千円台だったと記憶してますが・・。
MACRO付きでした。



もう一本、似たようなTOKINA製28mm-70mm。これも千円程でした。


こちらは50mmでF1.4。オクで競って2,300円でした。安いですね。
この頃、まだK−1発売前だったためか、このような銀塩時代のレンズはヤフオクでかなり安かったですね。

K−1発売後、Kマウントレンズの需要が一気に高まったのか、ヤフオクの中古Kマウントレンズは軒並み高騰している傾向にあるように感じています。

明るくて、程度も良くとてもお気に入りの一本です。



次もオクで確か980円で落とした。AFです。しかもパワーズーム付き。
PENTAX 28-80mm F3.5-5.6 
パワーズームって初めてでした。ウィーンという音が何か新鮮。しかし造りはちょっとチープなプラスチック製でした。軽くて良いのですが・・。重量感は皆無・・。


現在のところは以上ですが、何本あるのでしょう?オールドレンズてってホント安い!
しかしまだまだ増えそうな予感。  ・・レンズ沼・・。

 はい。予想どおりレンズ増えてます。
まずはPENTAX Q用のフィッシュアイから・・
これです。


一般的なデジ一眼のfish eyeレンズは大体数万円からでしょう?
しかし「Q」の場合、これ中古ということもあり5千円台でした。





レンズ自体もごく小さいですね。ポケットにサッと入って気軽に持ち出せます。



次はKマウント用の50mm F2


このようなレンズを利用出来るのは、やはりPENTAXならではといった魅力でしょうか?




オクで1,200円でした。安い! 「銘玉」と言われている?ようです。


オートフォーカスでもなんでもない、この無骨さがオールドレンズファンの琴線に触れるとでも言いましょうか?
もちろん写真を撮ってなんぼという話もありますから、飾っておくものではないのかもしれませんが、見ていて飽きませんね。
もしかしたらレンズ病でしょうか・・。


スポンサードリンク


「K-7]に付けても




あまり出っ張らなくて良いですね。


こんな感じでとてもコンパクトです。




さて次。
DAL 55mmー300mm です。まだ届いたばかりで試写はほとんでしてません。室内でちょっとAFの
確認をしたところ、思ったよりクイックにピンが出ました。
これも新品では2万円程との事。それでも安いのですが、中古で充分と考えて6,980円でした。これも安いでしょう?





中古ですから、若干レンズ内に埃の混入もあるようですが、実用上問題ないと思う・・。


手持ちレンズでは超望遠の一本になりました。


こうして「K−7」に付けると結構長くなりますが、レンズ自体が軽量なので手持ちも行けそうですね。

散財の日々のため、ここで小遣いが尽きてしまった:泣;)当分レンズも何も買えません・・ハイ
でもまだまだ欲しいレンズは沢山あるんですが・・

さてレンズ沼は思ったより深く、こんなレンズを購入してしまいました;汗)
PENTAX-FA 31mm AL Limited という所謂「銘玉」と言われている銀塩時代からの憧れレンズであります。でも高かった・・貧)

スポンサードリンク













さて、その後「パンケーキレンズ」をみて無性に欲しくなって入手しました。
噂では、K−1のボディキャップ代わりになるらしい。40mmF2.8Limitedという性能。
フジツボ型のこじんまりとしたおよそ一眼レフレンズには見えないという程の数あるPENTAXレンズ
の中でも特徴的なもの。これ一本あれば、いつでもK−1を鞄に忍ばせて歩きたくなりますね。
こんなレンズを使えるのもKマウントならでは、というところですね。
本当に他のレンズの出番が少なくなりました。





もう一本は、PENTAX DA40F2.8XS。
こちらは、Limitedと比べて価格面では若干安価なのですが、写りは負けていないと
思いますね。同じF2.8ですし・・。
*ist DSに付ける事が多いのですが、やはり軽さとコンパクトさが魅力の一本であります。

手前にあるのがDA40F2.8XS。


正面から見たところ。
*ist DSに付けると見た目もかわいいので、人に向けても身構えることなく
撮らせてくれます。


この薄さですよ!これぞ正にパンケーキ。


楽天の中古は結構いい値段なので、ヤフオクで程度の良い中古を探すのが吉かも?

ペンタックス ビスケットレンズ DA40mmF2.8XS(DA40F2.8XS)【smtb-s】


両方とも、特に不満点らしい欠点はないのですが、唯一あるとするとレンズキャップ
でしょうか? こちらは小さなゴム製なのでちょっとしたことで外れやすいのです。
無くしてしまって、代替えの自作をされておられる方も・・。

Limitedの方は、直径30.5mmというアルミ製のねじ込み式。これが極めて使いにくい
のです。しっかりガードしてくれるのは良いのですが・・・。




撮影中はこの小さなキャップをなくさないように神経を使います。

噂では銀塩フィルムのケース(富士フィルム製)のフタがちょうど30.5mmらしい。
今度試してみようかな・・。

スポンサードリンク


HOME