コー ヒー好き

スポンサードリンク

「コーヒー好き」です。
カフェイン中毒でしょうか?・・。
毎朝のスタートにコーヒーは欠かせません。

 それほど特別な拘りも無ければ、思い入れ等もありませんでしたが、いつもの衝動買いで
新しい電動ミルを購入しました。

電動式のミルがなかった訳ではないのですが、どうも挽き方によっていつも粉の状態が違う
ためか、味に差が出てしまいます。

手持ちの古いミルは私も良く知らなかったのですが「プロペラ式」という構造で2枚の羽を高速
で回転させて豆を粉砕します。従って、最初はガリガリとかなり騒々しいのですが、次第に静か
になってきます。このあたりのタイミングというのでしょうか?スイッチを離す時間によって
粉の状態が微妙に違う訳ですね。このタイプのデメリットとして豆を高速で粉砕する際に熱によ
るダメージをあたえてしまうこと、また粉が均一にならず、部分的に雑味がある微細な粉末状態
になってしまうと言う弱点あります。

今回購入したこの「ナイスカット・ミル」は「カット式」です。
今までは面倒なこともあって、レギュラーコーヒーとは言え粉のものを購入して済ませてき
ましたが、やはり豆を挽き即淹れたコーヒーはひと味違います。
手持ちの電動ミルは20年程前に気まぐれから購入した訳の判らないメーカーの物だったの
ですが、気になるとどうもいけませんね。


そんな訳で「ナイスカット・ミル」を買ってしまいました。
いわゆる「コーヒー」通の人々に人気があるらしい。カフェや喫茶店等でも使用しているとのこと
ですが・・。

 ところで自宅用にこの「ナイスカット・ミル」を購入したので、いままでの小さな電動ミルを職場
で使っています。これで新鮮なコーヒーを職場でも頂けますです;^^)

箱もおしゃれです。あまり関係ないですけど・・。



Kalita ナイスカットミル (レッド)





50万人以上に愛される「森のコーヒー」を毎月お届け


そんなに大きなものではありませんが、2.3kgほどの重量があります。



メーカーさんの自信の表れでしょうか、こんなメッセージが添えられていました。



 インテリア的にも見ていて癒される形です。実はこのミル、業務用の小型版とのこと
で、「挽き」の調整が8段階あって粗挽き〜細挽きまで微妙な加減を調整できます。


このカリタ製のミルですが、どうも売れすぎて生産が追いつかず、2016年3月末
で生産中止されたらしいのです。たまたまなのですが、ちょうどよいタイミングだっ
たようですね。

現在、この型番の後継機がやはりカリタからナイスカットGという名前で発売されていますね。


カリタ コーヒーミル ナイスカットG #61102 アイボリー









いつもこのドリップ式のメリタのドリッパーで淹れます。
このドリッパーが好きなのは抽出の下の穴が真下より若干上部側にあるため、蒸らし
のお湯がすぐに下に落ちないのです。こちらは自宅用の2人用。職場用にも同じタイプ
の一人用を置いています。




早速、「中挽き」で一杯のコーヒーを淹れてみました。今手持ちである豆はそんな特別
良い物ではなくスーパーで買ってきたごく普通のものですが、一口含んだときいつもと
比べて、若干ですが甘みが増したような味でした。
 
その後2〜3回挽いてみましたが、やはり高価なだけあって、今までのミルと比べると
ムラなく挽けます。

その味も従来とひと味もふた味も違うのがよくわかりました。

次の

コーヒー豆

ではコーヒーの意外な効能やダイエット効果、私が普段注文しているコーヒー豆を紹介致します。
コーヒー好きの方は是非ご覧くださいね。


スポンサードリンク


HOME