エ アーコンプレッサー

HCで10年ほど前に買ったものが故障したので探していたのですが、ヤフオクでは、なかなか価格が高い上、気に入ったものがな かったので、Amazon.co.jp(アマゾン)で購入しました(2013年夏頃)。 15,000円ほどだったと思います。今(2019.1月現在)Amazonを覗いたら2万円超えていますね。Amazon の価格は結構変動しますので、タイムセールなどを見逃さずに価格が下がるのを待つのもアリかと思います。


SK11 オイルレス エアーコンプレッサー SR-102 タンク容量 30L SR-L30MPT-01






HCで購入したものは非常に非力でタンク容量が6L程度ということもあり、すぐにエアーが無くなります。
その点、これは本体は大きく重いですが、 タンクが30Lありますので、使いやすいと感じていますし、フル圧力になる時間も早いような気がします。駆動音については喧しいというほどではないですが それなりの音はしますので、一般住宅内等ではやはりうるさいでしょうね。


エアーホースは以前オレンジ色のウレタン製ホースを使っていましたが、取り回ししにくい上、冬場に割れてしまいました。今使っているこのブルーの高圧ホー スは冬でも柔らかく使いやすいですね。
HCで2.000円程度で販売されてます。


自動車、自転車等のタイヤの空気入れから、粉塵の飛ばしまで。
木工では特に木屑の吹き飛ばしに無くてはならないツールですね。このPUMAのコンプレッサーは図体はちょっと大きいですが、置き場所を確保できるなら購 入して損はありませんね。







一応、オイルレス 仕様なのでその意味ではメンテナンスフリーですが空気圧縮の際、湿気がタンク内に溜まります。使用するときにはこの水分をタンク下部のバルブから排出して あげます。 これを長期間怠ると内部が腐食するので、まめに排出する必要がある訳です。私の前のHCのエアーコンプレッッサーはこれが原因で故障したと考えています。
と言う訳で、このコンプレッサーに限りませんが、メンテナンスフリーとは言え、このような電動工具はやはりメンテナンスが大事です。特に定期的な水抜きを 欠かさず行ってあげてくださいね。

HOME