ボー ル盤
ashina ASD−305

KIRAがあるにもかかわらず、思わず手に入れたボール盤。
これもかなり年季の入った古いボール盤ですね。黒光りしてます。ただしこちらは三相200V電源仕様ですが・・・。外観は錆や傷もありますが、もちろん動 作にはまったく問題ありません。
こちらはKIRAより若干高めの価格でした。こちらのベルトカバーは金属製。
まるで蒸気機関車のように黒光りしてます。
さて、本ボール盤の製造元「芦品鉄工所」さんは今存在しておりません。





モーターチェックのため一度分解しています。
この×印はモーターを分解した時の目印ですね。



ビットの回転もとてもスムーズで全くブレがありません。
この辺りの精密さはキラのボール盤などとも共通している信頼性の証でしょう、


YUKINA製チャックが付いてました。


KIRAのボール盤も年季が入ってますが、この「芦名」さん。筋金入りの年季が入っていて、どこか威厳すら感じられます。


これまで数えきれないほどの穴をあけたのでしょうね。





工具類を探すのは、いつもヤフオクが多いですね。
このボール盤は木工用というより金属を相手に精密囲うするためのものでしょう。




HOME