ス ライドソー

 ツーバイ材、特に2X4材のカットにとても重宝している工具です。
テーブルソーと異なるのは、丸鋸を移動させることができる点にあります。
 スライド長はおよそ30cm足らずなのであまり長い材料は切れません。
定価では10万円ほどするようですが、例によってヤフオクで1万円強で入手しま
した。ちょっと古いですが、さすが日立製です。恐ろしく正確に素早く裁断できま
す。45度傾斜の切断も難なくこなします。
 ただ、どんな電動工具でもそうですが、これは特に危険な電動工具の一つです。
ちょっとした油断が怪我に繋がることは常に頭に入れて扱う必要があります。

当然ですが丸のこが固定され材料の方を移動して切削する訳です。
キックバックが発生する危険もあります。ただし丸のこが勝手に飛んでくる危険はほぼ
無いのですが、今度は使い方を誤ると材料の方がすっ飛ぶというかなり危険な状況もあり得る訳ですね。





豆電球とレーザーポインター付き。この豆電球の球が一度切れました。



切りくずの8割ほどは集塵できますが、残りのカスが結構舞います。


 今回のウッドデッキでは出番は少なかったのですが、それでもこれがないこと
を考えると、正確な直角カットを出すのは通常の丸鋸のみでは結構面倒でむず
かしいと思います。
下の写真は柱部分の切り抜きをしているところ。



このデッキで木工をしていて思ったのですが、木に囲まれていて良い雰囲気で
快適な作業でした。










レーザーポインターはとても便利。写真では太めに映っていますが実際はもっと
シャープです。



HOME