EOS Kiss デジタル
 
職場の書庫の片隅から「EOS Kiss」デジタルが出てきたらしいです。しかし、その本体のグリップ部がひどい状態になっ ているのです。ベトベトで手で触 ると真っ黒い汚れが付いてしまいます。一人がティッシュでその部分を拭きはじめましたが、逆にティッシュがこびり付き、ますます始末に負えない状態のよう で す。
 機種名をよく見ると私の所有しているものと同じようなのです。思わず「はっ」となりました。実は私のEOS Kiss はここ数年押し入れに入れっぱな しだったことを思い出したからです。その日我が家に帰って真っ先に押し入れの我が「EOS Kiss」を確認したことは言うまでもありません。果たして まったく同様の惨状を呈していました。唖然となりましたが、気を取り直してWEB情報を確認するとどうやら「お約束」の症状だそうです。まったく知りませ んでし た。

この写真は私のEOS。右側のグリップ部と左側のUSB端子などがあるゴム部分がベトベト状態。さんざん指にも黒くべとついたのでセロテープと付箋紙で覆 いました。




大きめの付箋紙でカバーしていたグリップ部は、こんな状態。







 同機種で同じような状態になった方の補修方法を参考にさせて頂き、少しでも元の状態にするべく、こんなものを買いました。Amazon.co.jp(アマゾン)で1,300円位。鉄道模型などで利 用していることが多い塗料らしいですが、効果のほどはどうでしょうか?

 ラバー
その名も「スーパーラバースプレー」というものです。吹き付けることでゴム皮膜を形成するということらしいです。ちょっと期待しながら、修復に挑戦しま す。



























メディコム スーパーラバースプレー 180ml スモークつや消し





工房に持ち込んで早速作業開始。





まずは丁寧に養生(マスキング)をします。



グリップ側は局面が多く面倒です。
マスキング後、先日屋根の下塗りに使用したシーラーをここでも下地に使ってみました。


薄めに数回に分けて塗装。





塗装直後はテカってますが、


2時間ほど乾燥後、このように艶消しブラックで良い感じになりました。


あとからよく考えたらレンズは外すべきでしたね。


良さそうですね。






若干でこぼこがありますが、概ね良好で手触りも良いです。


何とか復活。当分、良さそうです。

塗料のほうは大分余っていますので、またどこかで使います。




HOME