iphone6Plus

 携帯電話はガラケーを長い間使ってきましたが、3〜4年前にスマートフォンに替えました。
au版iphone4sをdocomoキャリアでゲタ噛ませて(ちょっとマニアック)使っていたのですが、最近どうもあまり調子が良くなくて、特に 電話の受話音量が何かとても小さいのです。また逆に勝手に再生音量が極端に上がってしまったり(バグという話もあり)、というような事情があってそろそろ換え時かなと思っていました。
 2014年秋に発売されたiphone6ももうすぐ1年です。最近はApple watchが出たりと、毎年ぎやかな情勢です。新しもの好きなwindolovですが遅ればせながら、もう我慢 できなくなってiphone6Plusを買いました。いままでのiphone4sが32GBだったので今回は思い切って128GBにしました。我が家の家族5人は すべてdocomoの携帯ですので、他のキャリアには替え辛いところがありあますが、そこはケチケチ人間のwindlovです。いきなりdocomoの機 種変更プランには飛びつきません。だって計算すると端末割引はあるけど結局は通信費用で割高になってくるんですよ。いろいろ情報を探ると今やsimフリー 端末もちょっと古い機種はお手頃な価格になってはきてはいるのですが、やはり新しい端末はまだまだ高価なんですね。
 そこでいろいろ悩んだ挙げ句、中古のdocomo版iphone6plusにしました。simフリー端末は大体simロック端末より2〜3万円高いので す。それでもdocomoのiphone6plus 128GBは7万円強しました。清水の舞台から飛び降りる覚悟で決断です。今のスマホはiphone とは言えsimロック端末と同等の使い方で、docomoのXi契約はしていません。Foma契約のみです。で、simはmicroSIMですので、 iphhone6で利用するためにはnanoSIMでなければ入りません。じゃ、今のmicroSIMをハサミでカットすれば使えるなと安易に最初考えて いたのですが、結果はだめでした。


SIMをこのようにバッサリカット。もう後には引けません。すみません写真白飛びしています。










SIMカットに問題はなかったのですが、Xi契約されていないとdocomoキャリアではだめなのです。どうしても「圏外」になってしまいます。iphone6 対応のnanoSIMゲタがあればもしかしたらOKなのでしょうか?
 windlovはもう疲れたので、仕方なくdocomoショップでXi契約してnanoSIMを買いました。費用は事務手数料が3,240円と「カケホーダイプラン」月々2,700円になります。


これが、届いたiphone6plus いつもながらAppleらしい洗練されたケース


高価なだけあり、中古とはいえ付属品はすべて付いて、本体も中古には見えません。





色はシルバーにしました。




やっぱり人気のゴールドがよかったかも・・






4sと比較するとかなり大きいですね。こうして比べると6plusは巨大。いや、4sがおもちゃみたい。



これ考えてみたらアップルウォッチと同期とれるのですね。欲しいけど資金がありませんです。はい・・。


アッ プルウォッチは当分様子見です。いろんな評価やレビューを見ると、どうやらバッテリーが一日しか持たないとか、いまはまだベータ段階であるとか酷評されています。時計好きなwindlovは腕時計は数 個(7個位かな・・といっても安物ばかり)あります。着せ替え感覚で日々の気分で付けたり付けなかったりという感じです。ただ、所持している腕時計はすべ て手巻きあるいは自動巻。クウォーツは電池切れがあるので嫌い。アップルウォッチもいっそのこと自動巻で発電させたら?と思いますが、いかが? そうなっ たら無理してでも買うかも? 次期アップルウォッチに期待??


そ の後、写真を撮ってみて驚きました。「DELTA角のみ」のページです。夜でしかも蛍光灯一本のみだったのにもかかわらず、ぶれずきれいに撮れていたので す。この点だけでもiphone6plusにしたのは正解でした。2015年9月には次期iphoneも発表されるとのことで、いまさらな話で恐縮です が・・・。まだ使い始めて数日ですので、少しずつまたアップしていきたいと考えています。


<iphone6+その後>
毎日持ち歩いて約一週間になります。やはり大きいのでポケットには入れづらい。さらに本体がかなり薄くなったので、折れそうで不安があります。
 スローモーション撮影を試してみてまた驚きました。そして、とても面白い。
本革製の手帳型ケースをAmazonで購入しました。
Amazonて購入後、失敗したかな?ということがたまにあるのですが、これお勧めです。


iphone5シリーズより、ドックコネクタが従来のものから変更になりました。「Lightningコネクタ」というらしいのですが、従来のコネクタが使えないのでこのような変換アダプタを使っています。


細部の作りも丁寧で



iphone6plusがカッチリと収まります。


裏側に切り込みがあるのですが、これはiphoneを横に立てるための折れ目だそうです。試
してみましたが、使いにくい上、革に負担がかかりそうなので使用していません。


カードを入れるためのポケットが開いた裏にありますが、私は入れていません。








実際に手にしてみないと言葉では説明しづらいのですが、とても「しっくり」とくるという
表現が当てはまりますね。
iphone6plusを所有している皆様にお勧めします。別にAmazonの回し者では無いですよ・・。
ちなみに私が購入した時の価格は、約3,300円位でした。本革製品としては比較的安いもの
かと思います。
 通話も下の写真の状態で可能です。


 その後、約3週間ほど使っています。特に大き過ぎるとはあまり感じません。Gパンの後ろポケットには入れづらいですが、そのままうっかり座りさえしなければ問題ありません。

iphone  水没顛末記

HOME