こだわりのキーボード

 実際、普段使いのキーボードなんてどうでもよいと思います。安物の例えば千円前後のものでも、キーボードとしての機能は持っている訳です。
 しかし世の中には、高価な物が存在しています。ただ、高価なものが良い物かというとそうは限りません。windlovは大変気まぐれなので突然変なもの を買ってしまいます。後でとても後悔することが多いのですが・・。
 普段使用するものこそ、良いものを使いたい。なんか急にそんな思いに駆られて買ってしまいました。定価では2万円ほどするただのUSBキーボード。実際 にもその価格に近かったですが・・。

この東プレ製「REALFORCE」のキーボードを買ったのもそんな気まぐれからでした。 







「静電容量無接点方式」というらしい(購入した本人もよくわかっていない)のですが、よくPCに付属で付いてくるキーボードとは全く異なります。
 何が違うのか?第一に重量がこれ1.1kgあります。普通の2〜3千円ほどのフルキーボードで大体500g前後です。キーを押した時の感覚が今までと全 く異なるのです。よく考えられているのは例えば左手の小指が位置するアルファベットの”A”や左側のshiftキーなどはほんの小さな力で入力できます。 逆に左右の人差し指、中指で使うことの多いキーは強い反発力のキーになっているという具合です。慣れもあるのですしょうが、このあたりの感覚が自然に分か るのです。使ってみて初めて分かる感覚ですね。







ごらんのようにテンキーもありませんが、そう不自由は感じません。



東プレ REALFORCE S R2 テンキーレス 静音モデル 日本語 静電容量無接点方式 USB 荷重45g レーザー刻印 かな表記なし ブラック R2TLS-JP4-BK


 言葉で説明することは難しいですが、キーの打ち込みに疲れません。
このHPを作りはじめてから文字を入力することが増えたので、今はこのキーボードだけで打ち込んでいます。

 2018_12月更新
 
このキーボードで毎日打ち込みしています。不満はありませんね。ますます手に馴染んできた感じ。



HOME