モバイルバイク







あまり聞き慣れない「モバイルバイク」という言葉。または「ミニベロ」何て表現も??
要するに、極小さな「自転車」のことですね。

通勤の都合でどうしても必要になりそうだったので、いつもの Amazon.co.jp(アマゾン) で買ってしまいました。


 最初、イタリア:ルノー?かと思いましたが、
どうやら名前だけ使っているようですね。中華製です 汗;)。

   

興味はあったものの、過去「折り畳み自転車」は持っていませんでしたが、今回
かなり軽くて価格も特に高価という程でもなかったので、購入に踏み切りました。

今回windlovが購入した自転車は

RENAULT(ルノー) PLATINUM LIGHT6 シルバー

というもの。 今、Amazon.co.jp(アマゾン)  で約55,000円前後ですね。(2019年1月15日現在)
2019.0127現在約6万円前後をフラフラしてますね。

RENAULT (ルノー) PLATINUM LIGHT6 プラチナライト6 シルバー 超軽量6.8kg 超小型 14インチ アルミバテッド(段付)フレーム 折りたたみ自転車 LIGHTシリーズ最軽量クラス チェーンホイル47T/フリーホイル11T 鍛造式高さ調整ハンドルステム搭載 特許PAT取得済 脱着式クイックアルミペダル装備 細部まで拘った軽量パーツを装備 JIS耐振テスト合格(通常基準の2倍の強度試験をクリア) 11285-0999


このシリーズでウルトラライトというものもあり、さらに改良されたのが、この
プラチナライト6ということらしいです。

さて、驚くべきその重量は何と6.8kgというものです。ただし、ペダルとスタンドは除く
重さ。片手でも軽く持てる感じですね。

かなり厳重に梱包されてます。
    


折角なので、この状態で計量してみました。
7.6kg?あれっ?ちょっと重くないかな?と思いました。しかし考えてみると
梱包材やスタンドがまだ含まれた重さですのでこんなものかと・・・。
まあ7.6kgでも十分軽いのですけどね。




折り畳んだ状態。


フレームを繋ぎ・・


ハンドルを起こして・・。


サドルをアップしてほぼ組み立て完了。※ペダルがまだ付いてません





これが付属していた脱着式のペダル(一応アルミ製)



クランクの穴にパチンとはめて完成です。


折り畳みの際、クランク側の赤い突起を引きながらペダルを外せます。


私のインサイトのトランクはそう広くないのですが、


こんな収納状態です。同じ物ならもう一台積めますね。



早速、試乗してみました。

14インチタイヤなので最初は少しふらつきましたが、慣れれば安定して走行
できます。
 なによりこの手軽さが良いですね。ご参考までににwindlov の体型は173cm、71kgですが
、これに乗って不安はほとんどないですね。
ただ、急な下りのカーブがちょっと怖いかな?というくらいでしょうか?

一点、後輪のチェーンとギヤの音がゴリゴリしたため得意の ベルハンマー を使ってみました。結果は
かなり軽減したのでOKですね。

折りたたみ自転車に5万円以上というのはちょっと考えますが、この軽さなら価値あるかな?
と感じてます。
 なお、この重量なので輪行(自転車を持って、電車で移動)は試していませんが、十分実現
可能でしょう。

あと大事なことがあります。運動不足解消ですね。
「エゴマ油」と同時に相乗ダイエット効果に期待しています。

<輪行 試してきました>
その後、実際に輪行しました。
実は今回の輪行、飲み会のため置いてきた車を取りに行くためであります。^^:)
*輪行バッグは事前にアマゾンで購入済み。約2,000円でした。


折りたたみ自転車 収納 バッグ 14〜20インチ対応 専用ケース付き


初輪行ですので、日曜日の比較的空いた時間帯の電車を選びました。

自宅から、駅まではこの自転車で約5分。
駅の付近で早速折り畳み、輪行バッグに入れました。

さて私の居住地域ははっきり言って田舎。

目的のホームまで行くためには、階段しかありません。
そこをこの輪行バッグを担ぎ上りましたが、この軽さ(約7Kg)です。
やはり楽ですね。

電車内の座席はポツポツと空いた席があるという状態で立っている人はほぼ0でした。
普段、私は車通勤なので久しぶりの電車でしたが、自転車入りのバッグはそう大きく
は感じません。が、もし満員電車だったらちょっと邪魔かなという感覚でしょうか。

そして、約20分足らずの電車の旅。
目的駅に降りて、今度は組み立て(と言っても開くだけですが)して、輪行バッグを
畳みます。自転車の組み立てより、輪行バッグを畳む方に時間がかかったくらいでした。

走り出すまで約10分くらいかな?慣れれば数分といったところでしょうか?

さて、通常の歩きならもう一つ向こうの駅まで行くのですが、今回は試しに一つ手前の
駅で下車。歩きの場合、この駅からでは目的地まで約30分以上かかります。
しかし、今回は自転車です。ゆっくり走って、約15分足らずで到着。

輪行以外にも、いろんな使い方があると思いますが、確実に言えるのは行動範囲が広がるということすね。

快適な輪行試しでした。以上、また随時レビューしたいと思います。

その後、通勤での使用を考えていたので、夜間走行の必需品であるライトをAmazonで購入しました。
丁度タイムセールでほんのちょっと安かったのこんなライトにしました。


自 転車ライト BLITZU ヘッドライト サイクルライト 自転車用LEDライト 2500mah USB充電式 4モード 最大七時間使用 SOS機能付き 交通事故防止 設置簡単 脱落しにくい IPX5防水 防災対策 釣り ハイキング等 ブラック GATOR320


とても明るく、テールライトまで付いていました。自動車に対しても夜間の視認性抜群です。
歩道上の自転車走行エリアを走ることも多いのですが、交差点などで車と鉢合わせ手も相手が
必ずこちらを認識しています。

購入して正解でした。
電池式より楽なUSB充電式で使い勝手も上々。
そろそろ充電かなと思ったらワンタッチで簡単に取り外せるので、職場で昼間のうちにフル充電
できます。










HOME