<プ リンター故障の顛末>
 
 プリンターが故障しました。現在、手元にプリンターは3台あります。キャ ノンが2台かなり古い「iP4100」(約11年前の機種)とwifi対応の比較的新し い「MP640」、3台目がEPSON製「PM920A」(これも結構古い)。普段主に使うのが「iP4100」でとてもお気に入りなのです。ほとんどは CDレーベル印刷に 使用しています。「iP4100」は古いのですが、例によってジャンク品をヤフオクで数年前に確か2〜3千円で買ってインクヘッドを交換して使っていまし た。何故こんな古い機種を使っているのかといいますと、まず互換インクを使用出来ることでインク代を節約できること、百円均一でもインクの入手が可能で す。それから本体がコンパクトで軽く設置場所に困らないこと、等ほかにも使いやすい点はいくつかあるのですが割愛します。
 さて先日「iP4100」で印刷しようとしてパソコンから印刷をかけました(この機種印刷命令によって自動的に電源がONするのです)。インク量が少 なくなっていたのは分かっていたのですが、CDレーベル印刷を数枚かまわずに行っていたところ、いきなりPC画面に「プリンタトラブルが発生しました」と いう表示が出て印刷出来なくなりました。互換インクを使用していますのでインクヘッドがどうしても詰まりやすく、印刷の「かすれ」などは時々あったもの の、今回のこのトラブルははじめてです。そこでいつものようにインクヘッドを外してぬるま湯で洗い乾燥後取り付けましたが、相変わらずトラブルの表示が出 ます。
この機種はヘッドの異常をランプ点滅で表示します。





オレンジ5回点滅の様子


面倒なので、仕方なく普段ほとんど使っていない「MP640」で印刷をしま した。しばらく使っていなかったので黒インクが空に近い状態でしたが、「まあい いか」と思ってそのまま数枚印刷かけました。3枚くらい印刷したあと、「黒インクがなくなりました」の表示で印刷できません。仕方なく買い置きしてあっ た、こちらも互換インクに取替ます。その後、1枚は印刷出来たのですが、突然「B200エラー」表示。もう・・2台も同時に故障するなんて(泣;




「修理受付窓口」に預けた際の修理費用は約1万円ほどとのことらしいです。

「MP640お前もか?」と思いながらこちらのインクヘッドもお湯で洗い乾燥後取り付けますが、駄目です。最後にはアルコール洗浄まで試しましたがやはり 駄目。この「MP640」もヤフオク500円のジャンク品です。やはりヘッドを別途購入して3年くらいでしょうか?
 この故障、この当時のCanonプリンタを購入した方の間では、「お約束」のいわば時限爆弾的な症状らしいのです。中には新品購入後、半年足らずでこの 症状が出た方もあるようです。原因はほとんどがインクヘッドの不良のようですが、稀にロジックボードが逝ってしまうこともあるとか・・。いずれにしても 困ったものです。数年前位まではCanonもインクヘッドを販売していたらしいのですが、ロジックボード不良によるトラブルでヘッド交換でも印刷できない という苦情が多くあったようで、ヘッドの単品販売を取りやめたという経緯があるようです。そうのような訳で正式にヘッドの購入ができないのです。そうなる とヤフオクに流れてきてという図式になります。しかし、ロジックボード不良の可能性もあると安易なヘッドの購入は考えものです。さてどうしよう・・。

 3台目のEPSON製「PM920A」は正常でした。ただCDレーベル印刷ソフトがとても使いにくくて嫌なので使っていませんでしたが、背に腹は代えら れません。今、仕方なく「PM920A」で印刷しています。

 その後お気に入りの「iP4100」をヤフオクで探しました。ジャンク商品ですが、980円で「給紙に難あり」というものを見付ました。もちろん保証な し。これならヘッドや印刷そのものに問題はないのでは?と直感しました。一件も入札がなかったので私一人でしたが入札してみたら、あっさり落札。
 一昨日の入札で昨日(8月21日)に支払い後、出品者さんは早速発送してくれました。本日、届きましたので早速確認です。

届いたジャンク品。


所詮中古ですから傷、汚れは付き物。電源コードや付属品等も一切ありません(潔い)。


まあ、余分なものは必要ないのですけどね。電源ONで緑ランプ点灯。商品写真でもヘッドとインクがあったのは確認していますので、ここで緑ランプ点灯な ら、インクやヘッドに問題ないはずです。

インクはどうやらCanon純正品ぽい。ラッキー!


しかもPCでプリンタのインク残量をみたら満タンでした。このインクだけでも980円では買えません。


 USBでパソコンと繋ぎPC起動してプリンタスイッチを入れると、即ドライバーインストールが始まりあっという間にプリンタは認識されました。プリンタ に 前面給紙トレイはあったので手持ちのA4用紙を入れテスト印刷してみました。最初、背面給紙モードになっていたためエラーがでましたが、前面給紙に切り替 えたところあっさりテスト印刷されました。あっけない・・。

これ1枚目のテスト印刷。しかし黒に若干かすれが・・。


そこで黒インクのみクリーニングしテスト印字したところ、奇麗に印刷されました。

こちらがクリーニング後の結果。かすれも無くなり奇麗に印刷されています。しかも今までのプリンタより余程きれいです。


 「CD印刷」を試します。
CD印刷といってもこれBD−Rです。最近たまりにたまったブルーレイレコーダの録画データを整理しています。印刷ソフト「らくちんCDプリント」で印刷 しているところ。




文字、色ともきれいに出ました。
もう何も言うことありませんね。
こんなジャンク品もあるのでヤフオクは止められませんね。

さて、現在故障中の「iP4100」をどうしよう? 
その後、両ヘッドをマジックリンでしつこく洗浄に挑戦してみましたが、だめでした。残念ですが、こうなると完全にヘッド故障でしょう。

とりあえず予備機としてストック。
その後、今回入手した正常な「iP4100」のヘッドを外し「プリンタトラブルが発生しました」が出た「iP4100」のヘッドと交換したところ、やはり 正常に認識されました。よかった! そうなると正常なヘッドが欲しくなりますが、またのんびり探すことにします。

<MP640のその後 B200エラー>

 さてお次は「MP640」です。
実はこのときすでに「MP630」の入札をしておりました。2000円。MP630とMP640はヘッド、インクカートリッジは共通ですので今の640で ストックしてあるインクが使えるのです。
 落札出来れば、そのままMP630を使うつもりでしたが、高値更新されましたので敢えて競りませんでした。3000円になったのもあり・・。 「iP4100」が入手できましたから、特に急ぐ必要ないので・・。おまけに送料が2000円ほどかかります。むしろ幸いでした。こんなこともあります。 またチャンスはあるでしょう。気長に待ちます。「ヤフオク」引き際も難しい・・。

 早速チャンスが来ました。2000円で「MP640」のヘッドが出品されてます。しかもテストパターン確認済で不具合はなし。即入札。気長に待つのだっ たのでは? いえいえチャンスがあれば待っている手はありません。
 若干高めの落札になってしまいましたが、なんとか無事落札しました。こちら送料は160円だったので、多少高めでも納得の金額でした。

2日後、にヘッドが届いたので早速、交換しました。右上に載っているのが故障したヘッド。


 交換後インクを取り付けたら、ヘッドクリーニングが始まりました。ほんとうに5分ほどかかってます。
ドキドキしながら見守ります。






見慣れたメニューが出てホッとする瞬間です。


インクもOK。

 
Wifiでテスト印刷。


申し分なし。たいへん良く出来ました。


 ところで「MP640」を使う理由は?というと、やはりスキャン機能でしょうか。コピーしたい時がたまにあるので・・。あとはWifiですね。しかしこ の「MP640」、『iP4100」と比較するとインクタンクがとても小さくなってしまっています。「MP640」に限らないのですが、どうも最近のプリ ンタ全般がインク量は少なくしかも高額になっている傾向があるようです。純正インクなど高くて買えませんよとても。プリンタ本体は安くてインクで商売して いますな、メーカーは。まあ考えてみればかつての携帯電話もそうでした(いや今もそうか)。無料で携帯を提供して通信費で儲ける。プリンタ業界も同じで下 手をすると純正インクを購入するより新品のプリンタを買ったほうが良いかもなんてことも・・。エコではないですね。
 そのような訳で「iP4100」のようなランニングコストが低く抑えられるプリンタが必要なのです。ですから良い状態の「iP4100」があればもっと ストックして置きたいのですが・・・。

2018_12.30  更新
最近、「MP640 B200」というキーワードで当HPを訪れる方が増えております。
年の瀬で、「年賀状」のために慌ててプリンターの電源を入れてみたらエラーが出て困ったなんてこともあるかと推察致します。

このシーズン以外の使用率が低いとどうしても、インクの目詰まりを起こしやすいでね。
その対策としては、月に一度程度はテスト印刷でも構わないので定期的に使ってあげるこ とが大事です。
以前は互換インクばかり使っていたのですが、どうしてもインク詰まりを起こしやすいです。
確かにインク代もバカにならないです。

そこで最近は、若干コストは掛かるのですが Amazon や 楽 天市場 の「リサイクルインク」を使用するようにしています。
Canon純正では、4千円以上するところが、「リサイクルインク」はおよそ半額なのでちょっぴりリーズナブルかと。

ところで、このプリンターも結構古株の部類なんでしょうかね?
割合、使い勝手も良いので私は使い続けたく思っております。
その後、定期的に使用しているためか全く問題なく印刷出来ております。
そんな訳で、まだまだ今後も使い続けます。





<iP4100その後>
 前回と同じようなヤフオクの「iP4100」が出品されていたのでまた手を出してしまいました。
結論を言いますと成功です。

落札価格は1,000円。

北海道の出品だったので送料が若干高くて1,800円程でしたが、本日届きまして早速確認しました。

 今回は電源ケーブル付きでしたが、インクがほとんど空の状態でテスト印刷も出来ない状態でした。
そこで、使い古しのカートリッジに入れ替えたところ、最初「顔料インク」の黒が出ません。

 このとおり。


ちょっと焦りましたが、詰め替えインクを補充してクリーニングしてみたところ、

 上のように完璧。
先日2,900円で競って落札出来なかった、同型のインクヘッドがありましたが、これより若干かすれぎみだったと思います。

 このような訳で我が家の「iP4100」は都合3台になりました・・(汗;



HOME