iphone木製ケースほか

欅で作りました。
iphone4sのケースです。


鮪でいうとトロのような部分を選別して削りました。目の詰んだ欅、非常に固いですね。
ただ、作成した季節が夏だったせいなのか、冬場何故か緩くなってました。締まりが良くなりそうな気がするのですが・・・。












お次ぎは爪切りです。この爪切り知る人ぞ知る「SUWADA製」の逸品です。プラスチックのケースでは可哀想なのでウォールナットを切り出してみました。荒削りの部分はご容赦を・・・。
木工とは関係ないですが、この爪切り、優れもので普通の爪切りにはヤスリがついてますが、これで爪を切った後はヤスリで削る必要がありません。滑らかに 「スパッ」と切れるのです。普通の爪切りで切ると「パチン、パチン」となると思うのですが、これはちょっと表現が難しいのですか、「サクッ」とでも言うの でしょうか?とにかく一般的な爪切りとは切り味が異なるのです。
(kiraボール盤でルーターの刃を付けて削ったものです)


これでも結構形を合わせるのが大変なんですよね。




こうして見ると非常に汚いですね。もう少し磨いてみたいと思います。





これはコーヒーカップを作ろうとして、挫折したもの。固い欅です。













はい 次です。これデジタルステレオアンプ(自作)です。フロントパネル部分がアルミでは味気ないので花梨を削ってあてがいました。
これ大きさは、そうですね、難しいのですが例え言うと3.5インチのHDDを2つ位重ねた位とでも言うのでしょうか?まあそんな感じです。














こちらもデジタルステレオアンプですが、このツマミ直径8cmほどの大きさの花梨を削りだしてみました。
パネルは栗だったかな?(忘れた)
これはさっきのアンプより若干大きめです。


基盤は雑誌の付録です(Stereo Sound誌)






HOME