薄毛の悩み



毛髪の薄毛で悩んでいます。従来、薄毛に悩み、育毛のあらゆる努力をする、そして効果
がなければ隠すのが普通でした。

ところが薄毛に対しての考え方も変わってきているのです。

しかし、あまり悩みすぎるのも考えものですし、ある程度開き直ってみることも大切かな
とも思います。

でもやはり悩みますよね。

最近、 私も年のせいか頭頂部の「薄さ」が気になっています。

特に、分け目が目立つような気がして悩んでおります。

そんな、薄毛についての悩みを人に相談するのに抵抗があって、誰にもいえず一人悶々として
いる方って、意外と数多くいるのではないでしょうか?



【ネクタローム】マラケシュ発のオーガニックコスメブランド

<今私が実践していること>

シャンプーの手順

発毛に適した頭皮環境を作りたい人であれば、アミノ酸系のシャンプーがおすすめです。市販さ
れている多くのシャンプー商品には、洗浄力の強い高級アルコール系の洗浄成分が含まれていま
す。アミノ酸系のシャンプーは、高級アルコール系よりも頭皮や髪の毛に優しい成分が配合。
育毛シャンプーとして売られている商品は、このアミノ酸系シャンプーであることが多いようで
す。

上記のシャンプーを使い以下の順でシャンプー

1.お湯を使う前の、髪が乾いている状態で指を使って髪をとく。

2.髪をお湯で濡らしながら、ゆっくりすすぐ。

3.次に、シャンプーをしっかり毛髪になじませるのですが・・
  さて、ここが第一の関門。実は皆さんシャンプーを多く出し過ぎているのです。
  シャンプーを出す際、2〜3回程プシュプシュッとやっていませんか?
      シャンプーの成分の一つに「界面活性剤」があるのですが、これは頭皮の汚れを落とすため
  に含まれています。しかし、この界面活性剤が頭皮に残っていると頭皮が炎症を起こしてしま
  います。
  シャンプーを多く付け過ぎた上、良くすすがないために頭皮を弱らせ「薄毛」の原因を自ら作っ
  ているのですね。
  「2〜3回程プシュプシュ」・・これでは量が多すぎるのです。
      そう言う私も実は以前、「2〜3回程プシュプシュ」やってました・・汗;)
  それでは、一度のシャンプーの適量は? 
  はい。軽くプシュッと一回(およそ数グラム程度)で十分なのです。
  
4.手の指の腹(爪で頭皮をガリガリするのは厳禁)を使って、頭皮を上に伸ばすようにていねいに洗う。
 
5,シャンプーをきれいに洗い流す。
 
6.シャンプーが残らないようていねいに「すすぎ」ます。
  さて、第二の関門
  シャンプーで一番大切なのは「すすぎ」。
  シャンプーの洗浄成分=上記3の「界面活性剤」が髪の毛や頭皮に残ったままだと、毛穴が炎症
  を起こしてしまって「薄毛の原因になる」ということなのです。
  したがって、上記3で多少多めにシャンプーを出し過ぎても、よく「すすぐ」ことで炎症を防ぐ
  ことができます。
  発毛に適した頭皮環境を作るためには、「すすぎこそが最も重要」という訳ですね。

7.洗髪後(風呂上り)は、乾いたタオルを軽く髪と頭皮に押しながら水分をふき取ります。
  ※ゴシゴシ拭いて乾かすのではなく、ゆっくり丁寧に乾かします。

8.それから、ドライヤーを使って「髪」と「頭皮」をしっかり乾かします。

そして、最後に育毛剤を使用します。




                




AGA+おすすめ育毛サプリメント

アガルプ(AGALP)は、アミノ酸4種類やノコギリヤシエキス、唐辛子など、
髪によいとされる育毛成分を配合。

さて、よく混同されがちな「発毛」と「育毛」。
言葉は似ているのですが、薄毛やAGAに対して期待できる効果は全く異なるようです。
サプリメントは「発毛」と「育毛」、どちらの効果を持っているのでしょうか?

1.サプリメントには、薄毛治療薬のような発毛効果はない。
2.育毛サプリメントは発毛のためではなく、あくまで「髪の毛に必要
  な栄養補給の手段」です
3.育毛サプリメントではAGA(男性型脱毛症)は治療できない

また、サプリメントによって栄養を補えるとしても、バランスのとれた食事を心が
けなければ効果は半減してしまいます。
とくに脂質の多い食事を続けていると、皮脂の過剰分泌を引き起こしかねません。
また、十分な睡眠も育毛をサポートする上では大切です。
睡眠不足もストレスと同様に、自律神経の乱れによる血行不良の原因になるので夜
更かしなどにも注意が必要です。
さらに、「喫煙」や「飲酒」も発毛を邪魔する可能性があるといわれています。
喫煙は血行不良を引き起こし、お酒の飲み過ぎは睡眠不足・栄養不足を招きます。
たとえ効果的な発毛治療を行っても、これでは髪の毛が健康に成長できません。
とはいえ、無理な生活習慣の改善は逆にストレスがたまるおそれもありますので、
無理のない範囲で生活習慣を改善していくのが大切ですね。

最後に、サプリメントだけでは薄毛を改善できる望みは高くありません。本当に薄毛
を改善したいのなら、医療機関で適切な処置を受けることも考えた方がよいかもしれ
ません。




PinkCrossアロマシャンプー&トリートメントセット

12種類の自然由来美容液成分を配合し、白髪をカバーするだけでなく髪にツヤと潤いを与えます


HOME