パーゴラ(風)を制作しています。あくまで「パーゴラ風」ですので・・・。
まったくの自己流です。

ウッドデッキはその後の進展ありません。
下の写真は継ぎ足しの柱の状態。
日差しを遮りたくないので、屋根は作りません。とは言えこれからの季節、日陰は欲しいのです。
そこで「パーゴラ風」に造作をします。


またまたせっせと材料の買い出しです。
今回買ったもの。
2x412ft 10本(パーゴラの梁用)
杉材 30mmx100mm 3m 10本(パーゴラ部に使用予定)
合計10,000円でした。


本日は買い出し後、小雨が降り出してきたので作業なし。

 翌日、「DELTA手押しかんな」使ってみました。パーゴラ用の2x4の側面を削ってみたのですが、材料3mではとても使いにくいですね。それでもすごい量の削 り屑と回転音と切削音が半端でないです。まだ、我が家みたいに周りが畑だからいいですが、町中などではこの工具、大変でしょうね。
何故側面を削るのかというと、2x4どうしを側面で繋ぎ2x8にするためです。「2x8」材はカインズさんに売ってないのです。2x6も6ftしかありません。







ちょっとでこぼこになったので最終的には手かんなで修正しました。



1.5mmくらいで削ってみました。



その後、ビスケットで側面を加工します。
材料が長いので6カ所くらいにビスケットで2つずつ計12カ所の彫り込みをします。


タイトボンドで接着します。



クランプ君たち総動員で圧着しますが、合計8枚を接着するのでちょっとクランプが足りません。
何とか使い回してみました。









さて一晩寝かせて接着完了。


そろえて微調整します。
今度は写真の電動カンナでまとめて削ります。この電動カンナについても後日レビューしたいと思います。






その後、木材をまとめていつものガードラックで塗装しました。

サンドイッチ一枚目。この段階では柱が非常に不安定なので脚立の作業も気を使います。今日も真夏日で汗が滴ってきたのでコーヒータイム。





夕方、ほんの少し涼しくなってから作業再開しました。





ここでまたまた問題が・・・。工房側のサンドイッチが出来ないことが判明。屋根の頂点と干渉します。
うーん・・どうしよう。またじっくり考えます。
今日はここまで。




追記、カインズホームで菜園コーナーを見ていたらこんな苗があったので思わず購入。 
これ唐辛子の苗です。
ウッドデッキの前に植えました。





トウガラシは順調に実をつけてきました。






7月になって長雨のため、作業がずっと出来ません。デッキの上もこのようにずっと濡れたまま。








はやく梅雨が明けないかなあ・・

7月12日
久しぶりに晴れた週末になりました。
しかし、晴れると強烈に暑いです。日中はちょっと作業できませんでした。
夕方近くになって、湿度は高いのですが作業開始。それでも汗だく・・。

結局、工房側の柱(といってもツーバイ4を張り合わせたもの)の片方をこのように切り落とし、屋根の頂点との干渉をクリアーしました。反対側も同様にカットします。





水平OK。




















仮に渡しの杉板を乗せて確認。加工は来週に。


デッキを屋根上から見るとこんな感じです。










拙宅から見た工房。


  さてパーゴラの情報をwebで検索すると、さまざまなタイプのものが出てきます。いろんな方の作り方やその形状を参考にさせていただいていますが、やはり 最も重要視したいのはその強度や耐久性です。今の当工房のパーゴラ(風)は柱の上に横の梁をコーススレッド締めで取り付けた状態です。その固定方法につい て自分の方法では強度的に不足していないかという思いがありました。多くの方のパーゴラを見ると梁と柱をボルトで固定しているものが多いですね。そこで私 も習ってボルト固定を行いました。

まずは材料調達。


一番良く使うコーススレッドのねじ。これ全部で5,000円もした・・(泣;貧


 高所での穴あけは想像以上に困難でした。しかも直径1/2インチ(約12.7mm)です。困ったのはこんな径のドリルビットをもっていません。手持ちの最 大径は12.5mmですので、微妙に足りないのです。しかも穴あけ長は20cm以上あります。12.5mmのビット長は10cm足らずなので余計に困りま した。20cm以上の手持ちの最大径ドリルビットは12mmです。そこで仕方ないのでまず、12mmで通しておいて両側から12.5mmのビットで少し穴 を広げながら空けてみました。2.5mの高さです。梅雨明後の暑い日差しの下汗が滴ります。やっとの思いで完了です。






反対の柱もボルト固定。


猛暑で作業が中々進みません。今日どうしようかな・・なんて思っている内に日はどんどん高くなり、結局できない。
8月に入っていよいよ本格的な夏。連日の猛暑でとても作業できません。ということで、本作業はしばしお休み・・。

2015_0905
 久しぶりの作業再開。
8月の終わりくらいから、土日の度に雨模様でしたので、なかなか思うように進みません。
今日は久々に晴れていますので、朝から準備して作業再開です。


ここはスライドソーの出番です。工房側からデッキの床と同じ向きで前回作った梁に渡すための杉材を加工します。


こんな感じで梁に合わせたホゾを掘りました。



杉材は3mのものを10本用意してありました。
実際に使うのは最初5本位でいいかな?と思っていましたが、並べてみると5本では間隔が広すぎることが分かったので、10本全て使うことにしました。



このように柱部分の強度を考えて2本ずつ組んでみました。この間に残りの6本を組み入れます。







                                  Photo by iphone6+
間隔を揃えて載せていきます。間隔はおよそ35cm程度。



ちょっと雲行きも怪しくなってきました。天気予報では午後から雨とのこと。急ぎます。










ほぼイメージどおりになりました。












今日は日差しも少なく気温も低かったので作業しやすかったです。

とりあえず、ひとまず「パーゴラ風」は終了。
ですが、補強を次週行う予定。あと、デッキ周りに手すりを作りたいのですが、こっちの方は1x4でのんびりとやります。

さて、これをしばらく眺めていてやはり屋根を付けたくなりました。
その方法ですが、悩むところです。

候補1.ポリカ波板でそのままかぶせる
候補2.切り妻屋根にしてポリカ波板を貼る。
ちょっと今悩んでいて決定していません。
9月のシルバーウィークに施行しようかな? 

HOMEへ